森を守り、育てる

森林の持つ公益的機能を維持しつつ、森林の施業を行い、組合員の山、地域の山の価値を高めていくことは、私たちの最も基本的な仕事です。そんな山を「守り」、「育てる」仕事の実際を紹介します。

PICT76102.JPG

森林の調査・測量

山の施業をするとき、作業は調査からスタートします。森林調査の内容は、所有境界、立木の密度、木の種類、樹齢、胸高直径(胸の高さの直径)、樹高などです。このほかにも、作業路を計画するなら、その路線の勾配や、延長、土質等を調査します。測量は、山の面積や、道の延長を測定します。GPS衛星を使うこともあります。
guard004.jpgguard002.jpgguard008.jpg


施業の計画・提案

森林の調査・測量の結果をもとに、全体の計画を作ります。山の保全と活用を常に意識し、適正な計画を作ることを心がけています。
また、森林組合では施業を計画し、組合員や、森林所有者さんに対する森林施業の提案を行っています。施業にかかる費用や、県などの森林施業に対する補助金、また現地で伐採する木を出荷した場合の売り上げ等を計算し、よりよい提案ができるよう努めています。
guard010.jpgguard011.jpg


山の境界保全

 森林にはそれぞれ所有者が存在しますが、近年、国産材の不振などから所有境界が不明瞭になってきています。境界の混乱は、森林の整備・利活用の上で、不具合を生じます。所有境界をはっきりさせ、これを保全していくことは、とても重要なことです。
森林組合では、山の境界を保全していく取り組みとして、国や市の委託をうけて「山村境界保全事業」に取り組んでいます。この事業では境界に番号入りのプラスチック杭を設置し、GPSなどを使い、簡易な手法で測量を行います。そして、そのデータをパソコンで編集し、図面等を作成して保存をします。このことにより山林の境界は保全されます。平成17年度より、年間100ha以上の調査を行っています。
 この事業は地籍調査の予備調査としての意味を持ち、後続の地籍調査の基礎データとしても役立つほか。境界がはっきりすることで、間伐などの森林の整備に取り組みやすくなるというメリットがあります。
guard014.jpgguard019.jpgguard016.jpgguard015.jpgguard018.jpgguard017.jpg


間伐

間伐は森林組合が今、最も力を入れている仕事の一つです。今まで国産材の不振で林業活動が滞り、間伐が大変遅れていました。最近になって、森林を適切に管理していくことは、水や土を守っていくうえで大切だということが理解されるようになり、市民や県民みんなで森林を整備していこうという考えが広がってきました。そのため、現在では公共事業としての間伐が増えています。
実際の作業としては、スギやヒノキの成長にともない、混み合ってしまった林を、チェンソーで伐って、間引きし、木と木の間隔をあけます。それにより、形質の良い植栽木の成長を促進させる効果や、木々の隙間から太陽の光が地上に届いて下草が発生し、表土を覆って土砂の流亡を防ぐといった効果が得られます。間伐は、森林の公益的機能を維持や増進、そして良質な木材生産にとって、とても重要な作業です。森林組合では、毎年なるべく多くの山林を間伐できるよう事業の計画から施工に取り組んでいます。一方で、間伐の実作業は危険を伴う作業ですので、安全に作業を進めることにも気を配っています。
guard026.jpgguard027.jpgguard036.jpgguard031.jpgguard032.jpgguard030.jpg


作業路開設

  山は広く、高く、急峻で、移動が大変です。車が通れる道がある山は、私たちも所有者さんも、「ちょっと行ってくる」ことができ、山の手入れを積極的に行うことができます。しかし、道がない山林は移動手段が徒歩しかなく、目的地に行くだけで疲れてしまって、「ちょっと行ってくる」のは不可能です。
森林組合では、機械(ショベルカー)を使い、作業路の開設にも積極的に取り組んでいます。この作業路は、山へのアクセスを容易にするとともに、木材や、しいたけ原木などの資源を活用する上でも、省力化、低コスト化に役立ちます。
しかし、開設する場所を誤ったり、地形や地質にそぐわない路線形で開設してしまうと、すぐ道が壊れてしまううえ、雨水や湧水が集中したり、斜面が崩れたりと山を荒らすことにもつながります。作業路の開設には細心の注意が必要です。
「山を荒らさず、使いやすく、長持ちし、かつ低コストで開設できる作業路」を研究しながら、適正な作業路開設を推進していきます。
guard041.jpgguard039.jpgguard038.jpg